レオス運用部インタビュー

HOMEひふみ投信の運用レオス運用部インタビュー栗岡 大介

レオス運用部インタビュー

 レオスの運用部のアナリスト、ファンドマネージャーはどんな人?アルバイトの学生二人(丁稚)がメンバーを突撃インタビュー!あんなことやそんなことを聞いてみます!

レオス運用部メンバー写真

インタビュアーコメント

レオスのイノシシこと栗岡大介さんです。
栗岡さんはパワーを感じるとても熱い方ですが、同時に芸術的で感性豊かな方です。初めてお会いした時は栗岡さんの勢いに驚きました。そんな栗岡さんが足を使って市場と戦う姿。必読です!

栗岡 大介

運用部 シニアアナリスト

くりおかだいすけ。2013年3月入社
高校3年時にバッファロー牧場へ1年間ホームステイしたことをキッカケに ニューヨーク州立大学へ。在学中は、韓国やドミニカ共和国への留学も経験したほか、 内閣府主催の国際交流イベントのコーディネーターも務める。
卒業後は岡三証券に入社。機関投資家向け営業でトップセールスに。2013年3月にレオス・キャピタルワークスに転職、アナリストとして運用部に配属。強みは足を使ったリサーチのほか、日常の変化をマーケットに落とし込むこと。また、両親が画家ということもあり写真、絵を描くこと、料理、陶芸など趣味は多岐にわたる。

栗岡

 

ひふみ投信は福袋

堅田  さっそくですが、ひふみ投信ってどんな商品だと思いますか?

栗岡  一言で表すと、福袋。
これからの日本を支えていくような、「イケてる」会社がたくさん詰まった福袋だと思います。
そして、これからの日本を担っていくような素晴らしい会社を見つけた時のワクワクをお客様と共有できたらと考えています。

堅田  ワクワクを共有するというのはどういうことですか?

栗岡  僕らはひふみ投信をお持ちのお客様と毎月コミュニケーションの場を設けています。そこでは、アナリストやファンドマネージャーが国内外の政治・経済をどう見ているのか、何を考えて銘柄を組み入れたのかをお話させていただいています。
お客様に「なぜこの会社をひふみ投信に入れたのか?」を知っていただくことで世の中の流れを知るきっかけになればと思っています。
福袋で例えるなら、これまであえて自分で選んで買ったりしないような服がたくさん入っていて、着てみたらとても似合ったという感覚ですかね。これは面白い、素敵!と思ったものに出会うとワクワクすることってありますよね?それと似た感覚を投資信託で感じていただければと思っています。

栗岡写真

堅田  なるほど、福袋を買ってこれまで知らなかった世の中の流れを知ることができたら、友人にもつい自慢したくなってしまいそうですね!
さて、そんな「イケてる」会社がたくさん詰まったひふみ投信ですが、ひふみ投信の「イケてる」部分というのはどういうところでしょうか?

栗岡  株式というと、業績や株価などの数字をイメージする方も多いと思います。ひふみ投信では定量的な部分だけでなく、数字に出来ないモノを銘柄選択に落としこんでいます。
例えば企業の社長と実際に話してどんな人だったのか、投資先の企業が運営するレストランに実際に行ってみて味を確かめるなど、自らの五感を働かせて何を感じたのかという点を重視しているところです。

栗岡写真

 

イケてる会社を見つけ出す

堅田  ところで、栗岡さんの言う「イケてる」というのは、具体的にどういう意味なのでしょうか?イケてる、イケてないの判断基準はどこにあるのでしょうか?

栗岡  これは非常にシンプルで、誰もやらなかったことに挑戦するということです。

例えば我々の投資先でもあるJIN(ジェイ・アイ・エヌ)。田中社長はメガネの歴史を変えるべくクリエイティブな商品を次々に発売しています。13世紀にイタリアで発明されたメガネは、今日に至るまで用途や価値観がほぼ変わらないものでした。
そんなメガネ産業界でJINはパソコン用や花粉対策のメガネなど、常識を打ち破るような商品をしかも低価格で提供しています。
また、中国でもJINのメガネは好調となるなど、これからの海外進出も含めて今後の成長に期待が高まります。

堅田  そいう会社をどうやって見つけてくるのですか?誰もが見つけたいと思っていると思いますが、それが難しい。

栗岡  足を動かして、色んな人の話を聞くことで今あるトレンドの初動を捉えることですかね。
僕は一見無駄に見えるモノの中に良いアイディアが潜んでいると思っています。会社訪問の際も、レオスに来てもらうのではなく、あえて僕から会社に直接伺うように心がけています。
例えば、今も節電していて、蛍光灯の数を減らしている会社はコスト意識が高いんだろうなと思いますし、気持ちのいい挨拶をしてくれる会社はきっと取引先に愛される会社なんだろうと思います。僕はこういったアナログな情報を大切にしたいと考えています。

堅田  なんだか栗岡さんらしい投資スタイルですね!この”栗岡流”スタイル、どうしてそこに至ったのでしょうか?

栗岡  投資にも生きていると思うが、投資に関してはあまりユニークに走っても駄目なんだ。

堅田  投資でいうユニークさ、人と違うというのはどういうことですか?

栗岡  僕は元々証券会社で働いていて、入社2年目でファンドマネージャーといった機関投資家向けの営業担当でした。ファンドマネージャーと接していて、彼ら彼女らの知識レベルや、数字に対する理解力といったものがすごく高いと感じました。
そういう人たちにとって足りない情報っていうのはなんだろうって考えたときに、日々変化して生きているアナログな情報だと思いました。
ファンドマネージャーの情報源は調査機関のレポートやニュース等、デジタルな情報圧倒的に多いんです。だから僕はデジタルな情報に置き換わる前のアナログな情報を取りに行ったらどうかって考えるようになったんです。
例えば、「かつや」。
カツ丼などの揚げ物を提供するお店を展開する会社。僕は街を歩いているときに、「かつや」の前で売り子さんがお弁当を売っているのを良く見かけるようになったなと思ったんです。
丁度、コンビニが大幅に出店数を伸ばす中で消費者もコンビニ弁当食べ飽きてくるだろうなって思っていた時で、「かつや」のお弁当を実際に食べて見るとおいしい。こりゃリピーターとして実店舗に来るお客様が増えるなと思って調べていると「かつや」を運営するアークランドサービスの業績も良くなってきた。
こんな風に会社訪問だけでなく、街を歩くだけでも、アナログな情報を得ることができます。それらを銘柄に落とし込むようにしたんです。そうすると、足を止めてしまったらアナログな情報から始まる発見の連鎖が止まってしまうのではないかと思う様になってきて、今では動き続けることが非常に重要なんだと考えるようになりました。結果として、運用部でついたあだ名が「イノシシ」です。(笑)

堅田  デジタルな情報、例えば経済指標といったものに対してアナログな情報の良いところとは何でしょうか?

栗岡  デジタルな情報に変換されるということは、多くの人の手に届きやすい情報だと思っています。つまり、大勢の投資家に情報が渡りやすい。だから、僕はアナログな情報にこだわり、人と会ってとことん話を聞きに行きます。図々しいかもしれないけど、何回も、理解するまで聞きに行きます。(笑)

栗岡写真

 

元気な日本を皆さんに伝えたい

堅田  なるほど、そういうことだったんですね!レオスに入られて間もなく半年が経とうとしてますが、栗岡さんは今後どんな投資家になりたいと思っていますか?

栗岡  業務を通じて、多くの経営者の方々とお話する機会があるのですが、そこで得たアイデアや経験をできるだけわかりやすくお客様に伝えていけるようなアナリスト、ファンドマネージャーになりたいと思っています。

堅田  ひふみ投信を通じて世の中をどうしていきたいと思っていますか?

栗岡  世界や日本を変えるなんて大それたことは言えません。ただ、日本の元気な企業をできるだけ多くの方に知ってもらいたいと思っています。
アベノミクスを受けて、株式市場の中で見直される企業が多く出てきましたが、それまでは日本に対して良いイメージを持っている投資家は極めて少なかったと思います。
また、失われた20年をはじめとするネガティブな言葉がたびたびメディアに上るなど、この国に対して前向きなイメージをお持ちの方は実は少ないのではないでしょうか?
ただ、そういった環境下でも、強いリーダーシップを持った経営者が時代の流れを汲み取って上手に舵を取り、好業績を出し続けている企業はこの国にはたくさんあります。そういった企業に投資することで元気な日本を皆さんに伝えたいと思っています。
そして、いい会社を見つけた時のワクワクする気持ちを多くの方と共有できたらと思っています。それまで、イノシシは動き続けます!!

堅田  最後になりましたが、簡潔に、ワンフレーズでお答えいただきたいと思います。栗岡さんにとって、投資とは?

栗岡  ワクワクすることですね!

堅田  ありがとうございました。

インタビュアーによるあとがき

堅田

投資というと「何か難しいことをしている」と想像しがちなのですが、栗岡さんの足を使って市場と戦う話を聞いて、「私たちの生活と投資はつながっている」と実感しました。今後も独自の視点でイケてる会社を見つけ出す栗岡さんの活躍に期待です!

 

栗岡さんによる運用部紹介

栗岡

湯浅:頼りになる親父
藤野:エキサイティングなおやじ
八尾:肉食系おしゃれオヤジ
渡邉:Mr.クレバー
蛭田:優しいお兄さん