レオスが破綻した場合、投資した資金は大丈夫ですか?

HOME > よくあるご質問

よくあるご質問

Q. レオスが破綻した場合、投資した資金は大丈夫ですか?
A.

コ「ひふみ投信」をはじめとする投資信託にあっては、お客様から集められた資金は、委託会社(レオス)の手元には止まらず、すべて受託会社(「ひふみ投信」の場合には三井住友信託銀行株式会社)に信託されます。 したがって、レオスの破綻等がお客様の資金に影響を及ぼすことはありません。
また、仮に受託会社が破綻した場合でも、信託された資金は信託財産として、受託会社の固有財産とは分別されますので、ご心配には及びません。 さらに、「ひふみ投信」の受益権の募集を行なう販売会社としてのレオスが取り扱うお客様の資金(お客様のご購入代金、お客様への収益分配金・償還金・解約代金等)については、レオスがお客様にご返還すべきものとして、それに相当する金額をレオスの固有財産とは分別して「顧客分別金信託」の形で信託しますので、安全に保護されます。 なお、「ひふみ投信」が元本保証ではなく、運用の成果がすべてお客様に帰属することについては、「Q:元本保証ですか?」をご参照ください。



レオス・キャピタルワークス株式会社 コミュニケーション・センター