電子交付サービス

HOMEはじめての方へ >電子交付サービス

電子交付サービスについて

電子交付サービスとは、お客様に郵送で送られる「投資信託目論見書」「運用レポート」等を、郵送に替えて当社のウェブ上でご覧いただけるサービスです。

電子交付サービスをご利用なさる場合は、あらかじめお申込みが必要となります。
(費用は無料です。)

お申込み方法

口座開設時のお申込書で「電子交付を申し込む」をご選択ください。
口座開設時にお申し込みをなさらなかった場合は、コミュニケーション・センターに「ひふみWebサービス申込書」をご請求ください。

コミュニケーション・センター
電話 03-6266-0123
メール cc@rheos.jp

ご利用いただけるお客様

当社に口座をお持ちのお客様

電子交付のメリット

  1. インターネットから報告書類を閲覧することが可能になります
  2. 取引報告書を早くにご確認いただけます
    報告書類は原則として、約定日翌営業日の10時以降に、ログイン後画面よりご確認いただけます。
  3. 取引報告書・取引残高報告書を5年間いつでも閲覧できます
    郵送物を整理・保管する手間が省け、紛失の心配もありません。必要に応じてパソコンに保存、
    印刷もできます。
  4. ペーパーレス、だからエコ
    報告書類は、印刷・郵送されませんので紙資源の削減につながります。また、好きなときにパソコンのプリンターから印刷することもできます。
  5. 郵送中の事故も心配なし

電子交付・閲覧可能な書類

電子交付サービスのスケジュール

申込区分 交付タイミング
取引報告書 投資信託に係る売買・償還の都度
取引残高報告書 3・6・9・12月の毎月末交付
お取引の状況により年1回交付となる場合が
ございます。
ご投資状況のお知らせ
(トータルリターンのお知らせ)
3・6・9・12月の毎月末交付
お取引の状況により年1回交付となる場合がございます。
株式投資信託分配金のご案内 株式投資信託に係る分配の都度交付
投資信託目論見書 投資信託新規買付時と目論見書の改訂時
特定口座年間取引報告書 毎年1月中旬頃
運用報告書 毎年10月中旬頃
ひふみのあゆみ(運用レポート) 毎月2回

電子交付サービスご利用上の諸注意

年間取引報告書

電子交付サービスで提供する「特定口座年間取引報告書」は確定申告にご利用いただけません。
また、平成24年度の税制改正に伴い、その年中に特定口座内で解約や分配金の受入が行われなかった場合には、「特定口座年間取引報告書」の交付を省略させていただきます。

取引報告書・取引残高報告書共通

  1. 電子書面発行後、電子閲覧可能期間は5年間です。(※取引日より5年後の年末まで、閲覧可能です。)
    また、お取引データについては弊社にて基本的には永続的に保存しています。閲覧可能期間経過後の取引データのご請求方法等につきましては、当社コミュニケーション・センターまでご相談ください。
  2. 申込み方法について
    郵送から電子交付への切り替え
    ウェブにて受付いたします。当社ウェブ画面にログイン後、お申し込みをお願いいたします。
    電子交付から郵送への切り替え
    コミュニケーション・センターでのみの受付になります。
    (お客様の各商品申込状況によりましては、受付できない場合がございます。)
  3. 注意点
    「電子交付」と「郵送」の併用はできません(切り替え時に重複する場合は除く)。

レオスは電子交付でエコに貢献します。

投資信託のご購入の際にご確認いただく目論見書。その重量はおよそ250グラムとなります。また、お取引いただいたお客様にお届けしている取引報告書は1件5 グラム、取引残高報告書は、1件およそ10グラムです。

仮に、10,000人のお客様が、毎月1回の取引報告書と、年4回の取引残高報告書と、目論見書を電子交付サービスでご覧になったとすると1年間でその重量はおよそ3トンとなります。

私たちは、これらを電子化することにより、お客様のご理解とご協力のもと膨大な量の紙を削減していきたいと考えています。

レオス・キャピタルワークスでは紙類の利用を削減する取り組みを今後も続けてまいります。